鉄コレ製クモヤ143系をディテールアップ!(手歯止め編)

車両

こんにちは!

ものづくり歴25年、Nゲージ加工歴20年の

飽き性モデラーです!

Twitterもやっていて、リアルタイムに製作過程を投稿中です。

Instagramもやってます。

フォロワーさんも3000人を超え、車両加工のご依頼も頂いております。

気づいて築く」の精神で

迷ってないで

まず手を動かしてやってみよう!

と制作活動を続けています。


これまでの記事はこちら(^^)/

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(導入編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(ボディー加工準備編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(パンタグラフ編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(タイフォン編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(乗務員扉編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(落とし窓編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(ユニットサッシ編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(事業用扉編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(昇降ステップ編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(双頭連結器編①)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(双頭連結器編②)

手歯止めについて

今回は、実際に車輪にかけることができる、手歯止めについて書いていきたいと思います。

鉄道用の手歯止めといっても、いくつか種類があるんですよね。

鉄製手歯止め

台車の横やステップの近くに搭載されている、黄色のアレです。

三角形で車輪にはめ込んで使用します。

かなり頑丈な作りに見えますね。

これだったら勝手に転がることはなさそうですねw

上部には持ち手の様な物がついていて、線路と車輪に接する部分はゴムシートの様なものが貼られていました。

鉄製手歯止め(機関車用)

機関車に搭載されている、上記よりももう少し頑丈な作りをしているタイプです。

カマボコみたいな板が特徴的ですね。

ハンマーで打ち付けて設置するらしいですよ!

機関車など100t級はこのくらいしないとですね。

低勾配用手歯止め

これは車両センターや駅で止まっている車両につけられている、頭が赤っぽい色をしたプラ素材の手歯止めです。

スコッチやハンドスコッチとも言われているみたいです。

手歯止めから塩ビのような棒が伸びています。

引用:尾形工業株式会社

今回作成したのは、一番最初に紹介した、鉄製の手歯止めです。

手歯止め台座

プラ板でスクラッチしました。

0.2mmのプラ板を切り出し、センターに0.1mmのプラ板を細切りにしたもので、筋を入れました。

手歯止め収納部分も帯状に切り取った0.1mmのプラ板で作成しました。

塗装

塗装は床下と同じで黒塗装としました。

ウェザリングも軽く行いたいので、取り付けはもう少し後です。

真ん中に付けた、筋がぼってっとならないように、厚塗りしないように気をつけました。

手歯止め本体

本体もスクラッチでの作成です。

0.3mmのプラ板を使用して、三角形にきりだしました。

若干厚かったので、ほんのりやすりがけをして調整してます。

本体には、持ち手があります。

最初は0.1mmのプラ板を用いて直角に曲げたんですが、すぐに折れてしまうんですね。

何回かやって生き残ったパーツを使いましたw

金属パーツの方がいいかもしれません。

塗装

言わずもがな、黄色です。

実車では、物によっては少しオレンジ寄りの黄色の物もありますね。

写真を見て色味を合わせましょう。

線路と車輪に当たる面は艶消し黒を塗って、ゴムシートっぽくしました。

塗装は厚塗りに気をつけます。

塗装の厚みで、スペーサーに入らなくなってしまいます。

手歯止め装着

それでは完成した手歯止めを装着してみます!

鉄コレ製クモヤ143系 手歯止め装着

現在は全て紛失してしまいました(泣)

また作り直します。。。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

では(^^)/

ブログランキングに参加しています!

よかったら応援おねがいします♪

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
人気ブログランキング - にほんブログ村
にほんブログ村の人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料)

グッズや模型パーツなどのショップを開設しました(^^)/

まだ、商品少ないですが、こちらもよろしくお願いします!

Akishoo Model powered by BASE
Nゲージの精密加工品の販売を主に行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました