鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(ユニットサッシ編)

車両

こんにちは!

ものづくり歴25年、Nゲージ加工歴20年の

飽き性モデラーです!

Twitterもやっていて、リアルタイムに製作過程を投稿中です。

Instagramもやってます。

フォロワーさんも3000人を超え、車両加工のご依頼も頂いております。

気づいて築く」の精神で

迷ってないで

まず手を動かしてやってみよう!

と制作活動を続けています。


これまでの記事はこちら(^^)/

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(導入編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(ボディー加工準備編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(パンタグラフ編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(タイフォン編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(乗務員扉編)

鉄コレ製クモヤ143をディテールアップ!(落とし窓編)

ウクライナとロシアの戦争が始まってしましました。

この現代で、侵略戦争が起きるなんて。

いろんな記事が出ています。

それぞれがしっかり判断して読み取り、それぞれの考えを持つことが大切だと思います。

きっとほとんどの人が戦争なんて望んでないはずです。

早期に平和的に解決することを強く望みます。

ちょっと重い話から入ってしまいましたが、今日はユニットサッシの窓についてです。

今回も、いつも通りあまり写真がありません汗

汚い図でご勘弁ください。。。

スイッチが入ると、写真を撮ることを忘れて作り続けてしまうんですよね。

ちゃんと撮らないとw

ユニットの作成

今回もプラバンで作成しました。

0.1mmと0.2mmのプラバンを使用しました。

ユニットサッシを取り付けるために、ボディーの窓枠を少し広げておきました。

ベースとなる枠を0.2mmでコの字型に。

このユニットがちょうど窓枠にはまる予定です。

コの字型のユニットに窓ガラスをはめるためのガイドを付けます。

ガイドは0.1mmのプラバンを取り付けました。

ガラスを動かしたいので、正確に取り付けます。

ピンセットは「いいもの」を使った方がいいです。

値段ではなく、使いやすく、弾かず、持ちやすい「いいもの」。

飽き性はこれを使ってます。

ユニット部を正面から見るとこんな感じ。

ガイドを3本取り付けました。

接着は流し込み接着剤です。

電車でよくみられるユニットサッシは、上下二枚のガラスがあり、それぞれが動くようになっています。

今回のクモヤでも、実物同様に窓を上下できるようにします。

ガラス素材は、前回同様にOHPシートを使いました。

では、さっそく組んでみます。

いいですね。

どうでしょうか(^^)/

上部のガラスを動かすために、車体内側を削りました。

完成後

一気に飛んで、写真は完成後です。

ユニットサッシをはめ込んだ後、枠を0.1mmのプラバンで作成しました。

ちょっと太すぎたかな汗

アップするとガタガタですね汗

お恥ずかしい。。。

塗装後は、やはり塗装の厚みでガラスの動きが悪くなってしまいました。

もうどうにもならないので、そのままにしますw

今回はユニットサッシ窓について書きました。

0.1mmプラバンの扱いにも少し慣れてきましたw

ギミックを取り入れるとなると、通常よりも精確な作りこみが必要になってきます。

接着剤のはみだしで動きが悪くなることを避けるために、今回は流し込み接着剤を使いました。

ツールもその時によって、使い分けられると作りやすくなってきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

では(^^)/

ブログランキングに参加しています!

よかったら応援おねがいします♪

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
人気ブログランキング - にほんブログ村
にほんブログ村の人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料)

グッズや模型パーツなどのショップを開設しました(^^)/

まだ、商品少ないですが、こちらもよろしくお願いします!

Akishoo Model powered by BASE
Nゲージの精密加工品の販売を主に行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました